【実録】30歳になって株式投資を始めた結果www

コロナショックを機にノリで始めた米国株投資。30歳平凡サラリーマンの理想と現実。

所有銘柄週間結果(WK49)

こんにちは、ヒロキートです。

コロナショックを機に米国株投資を始めて31週目になりました。
前週に引き続き、WK49も過去最高値を更新しました!

投資額:$6,260 → 評価額:$9,073
増減:+$2,813(144.9%)

今回はアクションをいくつか起こしたので以下にまとめます。

  1. ドルを入金しました。
  2. ピンタレストA(PINS)を買いました。
  3. デルタ エアラインズ(DAL)を売りました。
  4. 金鉱株を買い増しました。

1. ドルを入金しました。
我が家はお小遣い制を採用しており、必要最低限の金額しか夫婦に与えられないシステムとなっています。自分の手元に残るお金はほとんどありませんが、そんななかでもコツコツ貯金をして、自分が自由に使えるお金3ヶ月分の貯金を達成できたので、ようやく投資に回せるようになりました。今月は5000円だけドルに換えて、57.04ドル現金として追加入金しました。

2. ピンタレスト(PINS)を買いました。
約定価格:$67.5 * 5株 = $337.5
購入のきっかけとなったのは、コロナ後も上昇の可能性がある銘柄を紹介したこちらの記事です。ピンタレストは、超簡単にいうと「YouTubeAmazonの優秀なおすすめ機能が搭載されたGoogle画像検索」とでも思ってください。何か気になるテーマの画像を検索したら、それに関連する画像が次から次へと表示されて飽きることがありません。中毒性があります。
すごく嫌味に聞こえると思いますが、ピンタレストがまだそんなに知名度の高いサービスだとは思ってませんでした。もうすっかり若者や女性の間では当たり前の存在になっていると思ってました。僕の妻の母がピンタレストを使用していたのがピンタレストを知るきっかけでした。その後、妻とピンタレストを使って結婚式のアイデアの参考にしたり、マンションリノベーションの参考にもしました。今のこのリノベーションしたマンションはピンタレストなしでは成立しません。それくらい優秀な機能を持っています。ピンタレストはコロナに関係なくこれから伸びるサービスです。

3. デルタ エアラインズ(DAL)を売りました。
約定価格:$39.76 * 5株 = $198.8
売却したといっても所有している分の半分です。83.3ドル(158%)の利益になりました。理由は「ピンタレストを買う金が欲しかったから」です。←「遊ぶ金ほしさ」に犯罪に手を染めた犯人のセリフみたいですねw
もう一つの理由は、コロナワクチン開発で世間が調子に乗って浮かれていて株価がそこそこ上がっているからです。コロナ前の価格からはまだまだ程遠いものの、コロナ前と同程度に戻るにはもっと時間がかかると予想されます。なので、ある程度値上がりすれば売ってしまおうと思ってました。158%も値上がりしてくれれば大勝利です。

4. 金鉱株を買い増しました。
バフェット太郎さん曰く、金鉱株が底をコツンと打ったようなのでここらで買い増ししました。取得単価もそれに合わせて値下がりしています。これ以上下がるようでしたら、最後の追い討ちでもう一度買い増すつもりです。

ということで、今回は色々とアクションを起こしたので長くなりましたが、詳しくは下記の表をご参照ください。

 

保有

取得単価

取得額

全体に占める

割合

前週終値

評価額

評価損益

 

ビヨンド ミート(BYMT)

10

$99.6

$996

15.0%

$139.6

$1,396

$400

140.2%

クラウド ストライク ホールディングス A(CRWD)

10

$104.9

$1,049

15.8%

$167.3

$1,673

$624

159.5%

デルタ エアーラインズ(DAL)

5

$23.1

$115

1.7%

$42.4

$212

$96

183.6%

ウォルト ディズニー(DIS)

5

$105.3

$526

7.9%

$154.1

$771

$244

146.5%

バリック ゴールド(GOLD)

15

$27.5

$412

6.2%

$23.5

$353

-$59

85.6%

ハーモニー ゴールド マイニング(HMY)

15

$5.5

$82

1.2%

$4.3

$65

-$17

78.9%

コカ-コーラ(KO)

10

$44.1

$441

6.6%

$53.9

$539

$97

122.1%

ピンタレスト A(PINS)

5

$67.8

$339

5.1%

$67.3

$337

-$3

99.2%

パランティア テクノロジーズ(PLTR)

20

$9.6

$191

2.9%

$23.9

$477

$286

249.7%

ペロトン インタラクティブ(PTON)

5

$80.9

$405

6.1%

$114.5

$572

$168

141.4%

ローリンズ(ROL)

5

$40.2

$201

3.0%

$55.6

$278

$77

138.2%

スターバックス(SBUX)

5

$77.4

$387

5.8%

$102.3

$511

$125

132.2%

ユニティソフトウェア(U)

5

$68.0

$340

5.1%

$150.9

$755

$415

222.1%

ウーバー テクノロジーズ(UBER)

10

$27.6

$276

4.2%

$54.9

$549

$272

198.5%

エスト マネジメント(WM)

5

$99.9

$500

7.5%

$117.5

$588

$88

117.6%

小計

130

 

$6,260

94.1%

 

$9,073

$2,813

144.9%

現金

 

 

$392

5.9%

 

$392

 

100.0%

合計

130

 

$6,652

100.0%

 

$9,465

$2,813

142.3%

ここの表だけではわかりにくいですが、パランティアは国防費の削減に伴って12月2日に12%も下落したようです。パランティアはビッグデータ分析を行う会社で、IPOの前からペンタゴン等と取引していた会社です。それが国防費を削られたからという理由だけで将来性がないと決め付けることはできません。これからの時代は5Gがやってきますし、ペンタゴン等で実績もある会社が民間にもどんどん取引を拡大していくことを考えると、長期的に見れば伸びる要素しかありません。なので、僕のパランティアに対する姿勢はこれからもかわりません。

今回は色々あったのでたくさん書いてしまいました。
このブログは、コロナショックを機に株式投資を始めた初心者の赤裸々な実態を記録しています。
今後の動向に少しでも興味が湧いたら、スター⭐️/ブックマークをお願いします!
したっけ、ババイ!